1. Top » 
  2. 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

下顎のオールオンフォー(All-on-4)の術式:Dr向け

今日は下顎のオールオンフォー(All-on-4)の術式を紹介します。

下顎は上顎より骨が硬いのでしっかり固定できますから楽といえます。

使用するインプラントはブローネマルクであれば何でもOKです。
リプレイスを使う場合にはスピーディーかストレートがいいでしょう
もちろんテーパードでもかまわないのですが、途中でスタックしやすいので
タイプ1のような硬い骨の場合は使わないほうが無難です。

さて術式ですが、上顎と同じくまずオールオンフォーガイドを立てます。

オールオンフォー下顎1


その後、オトガイ孔を確認したらラウンドバーにて5番相当部に起始点をつけ
そのご2mmのツイストドリルでガイドを参考に30度の角度で
ドリリングします。

オールオンフォー下顎2


ファイナルドリルまでドリリングしたら、私の場合はタップを切らずに
埋入してみます。
(もしファーストドリルで骨が柔らかいと感じたら、アダプテーションテクニック
を使用します)

ある程度の深さまで埋入したら30度のマルチユニットアバットを
試適して指示棒の方向を確認しながら微調整します。
このとき逆回転で調整するとトルクがかからなくなってしまうので
必ず、正回転で調整します。

オールオンフォー下顎3

その後、前方のインプラントを埋入します。

オールオンフォー下顎4





スポンサーサイト

Page Top

プロフィール

天川 智央

Author:天川 智央
埼玉県所沢市下安松609-1
医療法人デンタルクリエーション
天川歯科クリニック
TEL04-2945-6711

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。