1. Top » 
  2. 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

上部構造の作製

保母須弥也先生は
御著書のAll-on-4ハンドブックのなかで述べられておりますが
術後6カ月待ち、最終補綴物の印象にはいるとあります。

しかしながら6か月は少々長いのではと私は思っています。

というのは通常のインプラントであれば待機期間は3カ月程度あれば良く
京都の五十嵐先生もオールオンフォーの失敗は最初の2カ月間でおこると
言っておられます。
したがって印象の時期は術後3カ月で良いのではと考えます。

次回は上部構造の作製の手順の実際について書きます
スポンサーサイト

Page Top

プロフィール

天川 智央

Author:天川 智央
埼玉県所沢市下安松609-1
医療法人デンタルクリエーション
天川歯科クリニック
TEL04-2945-6711

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。