1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 上顎のオールオンフォー(All-on-4)の術式: Dr向け
  4. オールオンフォーの術式 » 
  5. 上顎のオールオンフォー(All-on-4)の術式: Dr向け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

上顎のオールオンフォー(All-on-4)の術式: Dr向け

上顎のオールオンフォー(All-on-4)の術式を紹介します

上顎のオールオンフォー(All-on-4)は下顎より難易度が高いので
下顎の手術に充分に熟練してから着手すべきと保母須弥也先生は
御著書のAll-on-4ハンドブックのなかで述べられております。

実は私の初めての症例は上顎でした。

さて、まず使用するインプラントの選択ですが
上顎では初期固定が得にくいのでMkⅢは不向きです
ブローネマルクシステムであればスピーディーグルービーが
ベストです。Drマロもすべての症例でスピーディーグルービーを
使用されております。
リプレイスの場合もスピーディーを使いましょう
(もう日本でも認可が下りまして購入できます)
もしスピーディーを使わないのであれば
ブローネマルクMkⅣかリプレイス・テーパードを
使用しましょう。
ただ、リプレイス・テーパードは最長16mmなので
長いインプラントが使える場合や抜歯後に埋入したい
場合はリプレイスのストレートに18mmがあるので
そちらを選ぶ手もあります。

さて実際の手順ですがまず後方のインプラントから埋入します。
まずフラップを剥離してオールオンフォーガイドを立てます


オールオンフォー


その後、上顎洞側壁に穴をあけプローブで前壁の位置を
確認します。
このとき粘膜を破ってもいいのかどうか、という疑問がでますが
DrマロのOpeを見ているかぎりでは破っていました。

オールオンフォー上顎1



確認を終えたらオールオンフォーガイドを参考に30度の角度で
アダプテーションテクニックを使い35Ncm以上のトルクで
埋入していきます。

オールオンフォー上顎術式2


アバットメントはマルチユニットの30度を使用しますが
レギュラープラットフォームしか30度のアバットはない
ので注意が必要です。
したがって、後方のインプラントはレギュラープラットフォームしか
使用できません。

前方のインプラントは2番相当部の埋入します
こちらのインプラントはナロープラットフォームも
使用できますが、もちろんレギュラーの方がベターです。
アバットメントはマルチユニットのストレートを用いますが
インプラントの角度によっては17度のアバットを使用する
場合も出てくるかも知れません。

なおマルチユニットには20度のテーパーがついているので
インプラント間が40度まで傾いても問題はありません。

オールオンフォー上顎術式4





スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://allon4.blog59.fc2.com/tb.php/4-7f520d62 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

天川 智央

Author:天川 智央
埼玉県所沢市下安松609-1
医療法人デンタルクリエーション
天川歯科クリニック
TEL04-2945-6711

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。