1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. オールオンフォーの術後管理 投薬プロトコール
  4. オールオンフォーの術式 » 
  5. オールオンフォーの術後管理 投薬プロトコール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

オールオンフォーの術後管理 投薬プロトコール

まず、マロクリニックの投薬プロトコールを

手術当日     Clonixin(非ステロイド系消炎鎮痛剤) 300mg
           ・・・・日本では発売されていないと思う
           オーグメンチン(抗生剤)1000mg 分4(8時間おきに1錠)
           プレドニン(ステロイド剤)15mg
           セルシン(鎮静剤)10mg
           オメプラゾール(制酸剤=胃薬)20mg

術後1日~3日  Clonixin(非ステロイド系消炎鎮痛剤) 300mg 
           頓用(痛いとき)
           オーグメンチン(抗生剤)1000mg 分4(8時間おきに1錠)
           プレドニン(ステロイド剤)10mg (3日目は5mg)
           オメプラゾール(制酸剤=胃薬)20mg 朝服用

術後4日      オーグメンチン(抗生剤)500mg 分2(12時間おきに1錠)
           プレドニン(ステロイド剤)5mg
           イブプロフェン600mg 分2(12時間おきに1錠)
           オメプラゾール(制酸剤=胃薬)20mg 朝服用

術後5日~7日  オーグメンチン(抗生剤)500mg 分2(12時間おきに1錠)
           イブプロフェン600mg 分2(12時間おきに1錠)
           オメプラゾール(制酸剤=胃薬)20mg 朝服用

となっております。
結構こまかいですね。

ここで意見の分かれるところがステロイドの使用ではないでしょうか。

絶対使わない派が京都の五十嵐先生はじめ
ISO(私の所属しているスタディグループ)の先生方。

岸病院の下尾先生は使う派。

そして私も。

では、最後に私のクリニックの投薬プロトコールを紹介します。

前投薬 セオキシリン(抗生剤サワシリンのジェネリック)500mg
     ボラボミン(非ステロイド系消炎鎮痛剤で
            ボルタレンのジェネリック)50mg
     プレドニン5mg
     セルシン10mg

術後直後~3日
      セオキシリン750mg 分3 毎食後
      ボラボミン75mg 分3 毎食後
      プレドニン15mg 分3 毎食後    
      カロナール(一般名アセトアミノフェン)400mg頓用(痛いとき)


術後4日~7日
      セオキシリン750mg 分3 毎食後
      ボラボミン75mg 分3 毎食後
      カロナール400mg 頓用(痛いとき)

となっております。

やはりステロイドは使ったほうが腫れなくていいと思いますが
感染を気にする先生は嫌いなんですよね。

私は口腔外科の出身なのであまり気にせず使いますが。

      

     

スポンサーサイト

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://allon4.blog59.fc2.com/tb.php/9-92288027 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

天川 智央

Author:天川 智央
埼玉県所沢市下安松609-1
医療法人デンタルクリエーション
天川歯科クリニック
TEL04-2945-6711

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。